ママニックの成分表を徹底調査!「本当に安全?効果は?」

葉酸サプリを選ぶ際、皆さん何を気にしていますか?

価格?

安全性?

効果?

恐らく全部、気になるのではないでしょうか。そこでこのうちの安全性と効果を知るために、ママニックの成分表をもとに徹底的に調査してみました。

ママニックで使われている成分

mamanic
成分表 還元麦芽糖水飴、デキストリン、亜鉛含有酵母、乳糖、黒酢もろみ乾燥粉末、発酵黒タマネギ末、ザクロ果汁末、大麦若葉末、鶏冠抽出物、ケール末、さつまいも末、ライチ種子エキス加工粉末、イチゴ種子抽出物、有胞子性乳酸菌、酵素処理燕窩末、ほうれん草末、南瓜末、人参末、桑の葉末、大葉末/未焼成貝殻カルシウム、セルロース、酸化マグネシウム、ピロリン酸第二鉄、ビタミンC、ステアリン酸Ca、加工油脂、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、L-ロイシン、葉酸、L-イソロイシン、L-バリン、ビタミンB12
内容量 43g(350mg×124粒)
価格 通常価格:5,000円

定期購入:3,500円

安全性 GMPマーク取得

上記の成分がママニックが公式で公表している成分のすべてです。

でも成分表をずっと眺めていても何が何だかわかりませんよね。そこで注目すべき成分をまとめてみました。

添加物は大丈夫?

食品に含まれる危険な成分と言えばまず思い浮かぶのが「添加物」です。

そこでママニックに含まれる添加物を探してみたところ、検出されたのが

  • ステアリン酸Ca
  • セルロース

の2つです。でも、安心してください。この2つの添加物は危険なものではありません。

どちらもサプリメントを均一に混ぜて、固めるために必要不可欠な成分で体に害を与えることはありません。

ちなみに体に害を与える可能性がある添加物として知られるのが「着色料」、「香料」、「人口甘味料」、「保存料」、「膨張剤」ですが、これらの添加物はママニックには一切使われていませんでした。

また、最近あまり好ましくない添加物として注目を浴びだしたトランス脂肪酸(マーガリンによく使われている)ですが、こちらも不使用となっています。

このことから添加物の心配ななさそうです。

国産野菜から摂れる天然成分を使用

葉酸サプリの成分を見る上で添加物の他にも原材料にも注目しなくてはいけません。

なぜなら中国のように質の悪い原材料を用いている場合、ハッキリ言って安全性が信頼できませんからね。

それでママニックはどうかというと、8種類の国産野菜を使用しており、産地まで公表されています。さらに各成分の最終加工国まで明記されているんです。

ちなみに成分加工国はサプリメント技術が世界的に進んでいるアメリカやイギリスなのでこの点も安心できます。

過剰摂取にも考慮した配合バランス

使われている成分自体は添加物、原材料と問題がありませんでしたが、最後に含有量も気になるところです。

いくら健康成分と言っても、摂りすぎると過剰摂取になり健康被害が出る可能性があります。おなかの赤ちゃんにも影響することなので非常に重要なことです。

しかしここにもママニックは十分な配慮がされていました。

ママニックに使われている成分はすべて、私たちが日頃の食事で補い切れていない成分ばかりなのです。

そしてそれらの成分は妊活・妊娠・授乳中の方に合わせた配合バランスになっていて、ママニックの1日の摂取目安(4粒)を守れば決して過剰摂取にはならない含有量となっています。

ですから安心してママニックをご利用いただけます。

ママニックの主要成分の効果は?

ママニックの成分に危険性が全くないことが分かったところで、今度はどんな効果が得られるのか見てみましょう。

葉酸は胎児の成長に必要不可欠

葉酸の効果と重要性は既にご存じかもしれませんが、せっかくですので改めて簡単にお伝えします。

葉酸は胎児がおなかに誕生するために必要な成分で、血液を作り、細胞を作りと本当の初期段階に必要不可欠な成分で、神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果があるのも証明されているんです。

ちなみに血液や細胞を作るのは妊娠が発覚する前の段階のため、妊娠してからママニックを飲むのでなく、妊活中の段階から飲むのがベストとされています。

乳酸菌で腸内環境を整える

ママニックは乳酸菌が配合された珍しい葉酸サプリです。普通は乳酸菌を摂ろうとなったらヨーグルトなどの乳酸菌を食べなくてはならないのですが、ママニックを飲んでいれば一緒に摂取することが出来ちゃいます。

そして乳酸菌を摂ることで腸内環境が良くなり、栄養素の吸収効率が上がるので妊娠しやすくなったり、胎児の成長をサポートしたりすることが出来るんです。

他にもママさんの腸内環境はおなかの赤ちゃんにも遺伝することが最近の研究の結果で分かっているので、より健康な子供を産むことにも繋がるんです。

鉄分で貧血を予防し、冷え性も改善

ママニックには葉酸以外にも鉄分が15㎎と豊富に配合されています。鉄分は妊娠初期や授乳中に特に重要な成分で、妊婦さんの貧血を防いだり、冷え性を改善したりする効果があるんです。

というのも妊娠初期や授乳中はおなかの赤ちゃん(もしくは母乳)に多くの鉄分が吸収されてしまうので、ママさん自身の鉄分が不足して貧血になったり、血の巡りが悪くなって冷え性にも繋がります。

ですから鉄分が豊富に配合されたママニックはママさんにとって非常にありがたい葉酸サプリなんです。

カルシウムで疲労骨折を予防

妊娠中は疲労骨折になりやすいってご存知ですか?

先ほどの鉄分と同様に妊娠中はカルシウムが胎児に吸収され、さらに問題なのが妊婦さんのカルシウムが不足していると骨から無理やりカルシウムを奪っていきます。

そうなると妊婦さんの骨がもろくなり、妊娠中に特に負担のかかる骨盤が疲労骨折するケースが非常に多いんです。

ですからママニックのようにカルシウムが配合された葉酸サプリが重要になってきます。

まとめ

ママニックの成分を徹底的に調べた結果、本当に安全で優秀な効果を持った葉酸サプリだとわかりました。

私はママニックの他にもいくつかの葉酸サプリを調べて実際に飲んだことがありますが、商品によっては添加物のオンパレードだったり、必要な成分が全然入っていなかったりと質の悪い葉酸サプリにもたくさん出会いました。

だからこそママニックが本当に安全で質のいい葉酸サプリだと言えるんです。

また乳酸菌が入った葉酸サプリは私も初めてだったので、ちょっと注目している葉酸サプリでもあります。

気になる方はぜひ一度、ご購入してみてはいかがでしょうか。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ママニックで鉄分が摂れる?妊娠中は葉酸と一緒に鉄分を摂るべし!

ママニックは男性が飲んでも効果があります!妊活は夫婦で乗り切ろう

ママニック 葉酸サプリは副作用の危険性はないの?あなたの心配を解消!

ママニックは妊娠後期に飲んでも大丈夫?正しい摂取量を知って不安解消!

ママニックはいつまで飲めばいいの?期間に合わせた正しい摂取量と飲み方を伝授